BlueHubとは?

「イノベーションを起こしたい」
IBM BlueHubが支援するのは、その気持ちです。そこにサイズ、企業の規模は問いません。いまBlueHubでは、“OPEN INNOVATION”(オープン・イノベーション)をひとつのキーワードに、スタートアップと一般企業の橋渡しをして、イノベーションを加速させる試みに取り組んでいます。IBMの最先端テクノロジーを活用し、日本発の革新的なサービスを生み出していきたいと思う企業のサポートを積極的に推進していきます。

IBM BlueHub の2つのプログラム

一般企業とスタートアップ(Early/SeriesA以降)向け

Open Innovation program

オープン・イノベーション

一般企業とスタートアップが斬新なビジネスアイデアの実現とサービス拡大を促進する新しい取り組みです

スタートアップ (Seed/Early)向け

incubation

インキュベーション

日本IBMと投資家(VC)/インキュベーターが協力し、スタートアップが羽ばたくためのさまざまなサポートを提供します

注目イベント・プログラム

incubation-phase4

インキュベーション第4期の採択企業が決定

「日本の産業をテクノロジーによって変革」することを目的として、 IBMのテクノロジーを幅広く活用し新たな取り組みにチャレンジするスタートアップ5社が選定されました

水曜ワトソンカフェ

水曜ワトソンカフェ

「水曜ワトソンカフェ」は、第一線で活躍する登壇者によるWatsonを使った事例のプレゼンと、参加者も加わったディスカッションを組み合わせて開催します。Watsonを実際にどう動かしていくか、どんな風に新しいビジネスに活用できるか…等々、多様な登壇者、参加者と共に、考え、議論する、サロンのようなイベントです。

Innovation Field 2017 夢を現実に~成長への羅針盤

Innovation Field 2017

BlueHubセッション「深刻化する人手不足問題。スタートアップのテクノロジーはどのように解決していくのか?」を開催
(モデレータ:BlueHub浜宮真輔)

  • 日時:2017年12月14日(木曜)
  • 場所:六本木アカデミーヒルズ

IBM BlueHubに関するお問い合わせ

IBM BlueHubに関するお問い合わせ

BlueHubeに関する問い合わせは、下のリンク先のフォームから承っております。

よくあるお問い合わせ


オープン・イノベーション・プログラムについて

  • Q1.個人で申し込み可能でしょうか?

    A1.会社法人での申込を条件としております。

  • Q2.プログラム参加に費用はかかりますか?

    A2.スタートアップのプログラムの参加費用は無料です。一般企業については費用が発生します。詳細は個別にご連絡させてください。尚、打ち合わせやDemodayへご参加頂く際の宿泊費・交通費等は弊社では負担いたしません。

  • Q3.年齢、性別、国籍で応募の制限はありますか?

    A3.制限はありません。毎週ワークショップ(事業検討やテクニカルセッション)は東京での開催となります。基本、現地でのご参加をお願いいたします。諸事情により現地参加が困難な場合のみ、リモートでの参加を認めております。

  • Q4.このプログラムの特徴は何ですか?

    A4.複数企業が毎週のように顔を合わせて、共同で新規事業を創出する点にあります。複数企業が一つのチームとなり、各社の強みや特長をコラボレーションすることで新しい価値を生み出すことを期待したプログラムです。

  • Q5.プログラム期間中の作業場所について

    A5.毎週開催されるワークショップ(事業検討やテクニカルセッション)はIBM箱崎事業所にて開催します。

  • Q6.プログラム期間中どんなサポートをしてくれるのですか?

    A6.事業検討のファシリテートと、IBMテクノロジーを活用可能とするシステム環境とテクニカル・サポートを提供いたします。尚、プログラムで創出した新規事業の発表の機会としてDemodayを開催します。

  • Q7.出資について

    A7.本プログラム内で、IBMからの出資はございません。

  • Q8.個人情報はどのように取り扱われますか?

    A8.法令などに定められている場合を除き、応募者の個人情報を本人の同意なく第三者に開示することはありません。

  • Q9.知的財産権はどのようになりますか?

    A9.参加企業(一般企業・スタートアップ)は、機密情報保持をIBMと締結しプログラムに参加いただきます。知的財産権は参加企業への帰属が基本となりますが、必要に応じて話し合いでの調整事項となります。

インキュベーション・プログラムについて

  • Q1.個人で申し込み可能でしょうか?

    A1.会社法人での申込を前提としていますが、プログラム開始までに法人登記申請を完了していることが条件となります。

  • Q2.プログラム参加に費用はかかりますか?

    A2.参加費用は無料です。打ち合わせ、中間発表やDemodayへご参加頂く際の宿泊費・交通費等は弊社では負担いたしません。

  • Q3.年齢、性別、国籍で応募の制限はありますか?

    A3.制限はありません。メンタリングは東京での開催となります。基本、現地でのご参加をお願いいたします。諸事情により現地参加が困難な場合のみ、リモートでの参加を認めております。

  • Q4.このプログラムの特徴は何ですか?

    A4.IBMのテクノロジーを活用し、短期間にプロダクトの構築もしくは強化が可能です。また、ビジネスや法務の面も含めて、総合的なメンタリングを行い、サービスとしての成長も促進されます。

  • Q5.プログラム期間中の作業場所について

    A5.メンタリングは隔週開催し、IBMオフィスなど含め、参加者とメンターの都合を調整して場所を決定しますが、開発含めた作業場所は何処で行っても構いません。

  • Q6.プログラム期間中どんなサポートをしてくれるのですか?

    A6.IBMテクノロジーを活用可能とするシステム環境とテクニカル・サポートを提供いたします。また、ビジネスや法務など総合的なメンタリング機会を提供します。プログラム最後にはDemodayを開催し成果発表します。

  • Q7.出資について

    A7.本プログラム内で、IBMからの出資はございません。

  • Q8.個人情報はどのように取り扱われますか?

    A8.法令などに定められている場合を除き、応募者の個人情報を本人の同意なく第三者に開示することはありません。

  • Q9.知的財産権はどのようになりますか?

    A9.参加するスタートアップは、機密情報保持をIBMと締結しプログラムに参加いただきます。知的財産権は参加企業への帰属が基本となりますが、必要に応じて話し合いでの調整事項となります。


IBM BlueHubチャンネル

お問い合わせはこちら

IBM BlueHubについてのお問い合わせ