日本IBMは、国内のスタートアップの事業化を支援するインキュベーション・プログラム「IBM BlueHub(ブルーハブ)」の第4期に採択した企業を発表します。

IBM BlueHubは、テクノロジーとオープン・イノベーションで新事業の創出を支援するプログラムです。プログラムの一つであるインキュベーション・プログラムは、政府や民間企業が推進する起業家支援と同様に、日本の長期的な成長と競争力に貢献するスタートアップ企業の事業化を支援するため、パートナー企業と協力して、2014年9月より開始しています。第4期となる今回は、「日本の産業をテクノロジーによって変革」することを目的として、 IBMのテクノロジーを幅広く活用し新たな取り組みにチャレンジするスタートアップ5社が選定されました。

IBM BlueHub第4期の支援企業は以下の通りです。(五十音順)




  • 企業:株式会社サイノス(代表者:桑山 燿)
  • 事業:音波通信技術soundcodeを用いたサービスの開発、販売

 
株式会社アイ・ロボティクス

株式会社アイ・ロボティクス

株式会社アロマコード

株式会社アロマコード

コネクテッドロボティクス株式会社

コネクテッドロボティクス株式会社

株式会社サイノス

株式会社サイノス

株式会社フレンバシー

株式会社フレンバシー