“「お困りのお客様企業の力になりたい!何とかしたい!」という熱意が大切“

Q:IBMの組織・人財変革コンサルティング部門の特徴を教えてください。

A:本部門は、最近10年間に発生した外部環境変化がIBMにとっての「機会」となり、IBMの2つの「強み」がお客様に評価されるようになり、他コンサルティング・ファームの人事コンサルティング部門とも明確に差別化しています。


Q:2つの強みとは具体的にどのようなことでしょうか。

A:1つ目は、IBMが実際に事業構造改革を実現した会社であることです。IBMは1990年代に、それまでのメインフレーム依存のビジネスモデルが崩れ経営破綻の危機に瀕したことを機に事業構造改革を推進し、ハードウェア主体からサービス主体のビジネスモデルに転換しました。その過程で、IBM社内にはグローバルレベルで、10年以上かけて実行した変革の成功・失敗事例やノウハウが膨大に蓄積されています。

もう1つの強みは、AIやアナリティクスなどの最先端の最先端のITソリューションを保有していることです。

Q:2つの強みとは具体的にどのようなことでしょうか。

A:1つ目は、IBMが実際に事業構造改革を実現した会社であることです。IBMは1990年代に、それまでのメインフレーム依存のビジネスモデルが崩れ経営破綻の危機に瀕したことを機に事業構造改革を推進し、ハードウェア主体からサービス主体のビジネスモデルに転換しました。その過程で、IBM社内にはグローバルレベルで、10年以上かけて実行した変革の成功・失敗事例やノウハウが膨大に蓄積されています。

もう1つの強みは、AIやアナリティクスなどの最先端の最先端のITソリューションを保有していることです。


Q:2つの強みはどのようにコンサルティングに生きるのでしょうか。

A:2008年のリーマンショック以降、お客様からの「グローバル全体を対象とした変革をこれまでの半分以下のスピードで実現したい!」というご要望が増えてきましたので、先駆者として事業構造改革を実現したIBMの人事制度、プロセス、システム、人財育成プログラムのみならず、導入ノウハウも含めてご紹介することで、お客様の変革をご支援することができます。

また、ITソリューションは人事部門においても、お客様の関心が非常に高い領域です。IBM自身も、採用候補者のスクリーニング、退職リスクの高い人財の特定、研修コンテンツの推奨、人事の問い合わせ対応などにIBMのAI製品であるIBM Watson(以下、Watson)やIBMアナリティクス(以下、Analytics)を活用しています。コンサルタントとして、お客様の現状を評価し、AIやAnalyticsが問題解決に適用可能かどうかを見定めた上で、ソリューションをご提案しています。


Q:お客様の期待に応える上で、IBMの組織・人財変革コンサルタントには何が求められるのでしょうか。

A:「社内外のソリューションを組み合わせてお客様の固有解を導き、適用し、結果を出すところまで支援する」というのがIBMのコンサルタントの仕事です。コンサルタントは、最新のITソリューションの仕様の大枠を理解し、最新テクノロジーで何が実現できるようになったかをお客様にご説明する必要があります。
また、お客様からIBM自身の変革方法論についてのご質問も頻繁にいただくため、IBMの変革ストーリーや人事制度などについて、その設計思想を含めて理解しておかなければなりません。しかし、最も大事なのは「お困りのお客様の力になりたい!何とかしたい!」という熱意です。いくら知識があっても、この熱意がなければコンサルタントは務まらないでしょう。


Q:「固有解を適用し、結果を出すところまで導く」という点について、詳しく教えてください。

A:前述の通り「現状分析を実施し、お客様の問題点を特定する」という一般的なコンサルティングに加え、IBMでは「社内外のソリューションを組み合わせてお客様の固有解を導き、適用し、結果を出すところまで支援する」ことも求められます。
IBMは複数のソリューションを組み合わせて、経営レベルの大きな変革をご支援するため、ソリューションの実行フェーズでは、部門や国、会社をまたいだチーム体制になることが多く、常に「固有解の結果を出し続けられているか?」という視点を持って、多数の多様なメンバーとの調整を厭わず対応し、アドバイスすることが必要です。


Q:中途入社の場合、最新ソリューションのキャッチアップやIBM自身の変革方法論を理解するのに時間がかかると思いますが、サポートする仕組みはありますか。

A:私は10年前に中途採用でIBMに入社、7年前に現在の部門に異動して、異動直後からプロジェクトマネージャーにアサインされました。上位スタッフのサポートと組織が有する幅広いナレッジのお陰で、異動直後でも現場責任者を務めることができました。IBMの変革方法論や他社事例を参照できるナレッジDB(データベース)も、お客様へのご支援を円滑に進める上で非常に役立っています。

Q:中途入社の場合、最新ソリューションのキャッチアップやIBM自身の変革方法論を理解するのに時間がかかると思いますが、サポートする仕組みはありますか。

A:私は10年前に中途採用でIBMに入社、7年前に現在の部門に異動して、異動直後からプロジェクトマネージャーにアサインされました。上位スタッフのサポートと組織が有する幅広いナレッジのお陰で、異動直後でも現場責任者を務めることができました。IBMの変革方法論や他社事例を参照できるナレッジDB(データベース)も、お客様へのご支援を円滑に進める上で非常に役立っています。


Q: 最新テクノロジーのキャッチアップという点ではいかがでしょうか。

A:AI、Analytics、クラウドといった最新テクノロジーはIBMの戦略的重点領域として掲げられていることもあり、豊富なトレーニングの機会が用意されているので、本人にやる気さえあればまったく問題ありません。 また、IBMでは互いに教え合うことを尊重する風土があり、私が英国やスペインの担当者に質問した時には、すぐに回答してくれました。私がリードしたお客様向けの変革について、インドのコンサルタントから質問を受けて回答したこともあります。


Q: 最後に転職を検討している方へのメッセージをお願いします。

A:これまでお話ししたとおり、IBMでは、IBMにしかできない、大きな変革をお客様に提供することができます。「お困りのお客様の力になりたい!何とかしたい!」という熱意を持った方をお待ちしています。皆さんをサポートする仕組みはありますので、積極的なチャレンジをお待ちしています!