プロジェクト・マネージャーが語る

インダストリアル・サービス事業部
インダストリアル・デリバリー
インダストリアル・ソリューション
第一プロジェクトマネジメント推進
Eriko M.

“プロジェクト・マネージャーそしてワーキング・マザーとして - 管理における様々な共通点”

Q:プロジェクトマネージャー(PM)として、現在担当されている仕事についてお聞かせください。

A:現在は石油会社を担当していて、お客様の需要予測を行い、その予測に基づいて最適配送を計画するシステムを構築しています。
製造業にはさまざまな業種がありますが、企画、設計、部品調達、生産、工程管理、販売という大きな流れは大多数の会社に共通しています。金融機関の事業内容と比較すると、製造業の事業は一般の方々にもイメージしやすいのではないかと思います。こうした製造業の工程のすべてにかかわるシステムに加えて、人事や経理などのバックオフィスのシステムを担当させていただくケースもあります。


Q:これまでにどのような分野を担当してきましたか。

A:私は自動車産業の担当が長く、その中でも販売物流のシステム構築を主に担当してきました。販売物流を理解するために、その前後の工程についても学びましたので、製造業の事業全体の流れを知ることができました。


Q:PMとしての仕事の面白さはどんなところでしょうか。

A:いろいろと興味深い点がありますが、特に、私たちがご提供するシステムを、お客様にいかに納得して使っていただくかを追求していくことに特に面白さを感じています。
プロジェクトを進める上で、お客様にシステムを納得して使っていただくことはたいへん重要です。例えば、新しいシステムを導入することで、業務が効率化されて、これまでより少ない人数で同じ仕事を行うことや、今までやってきた業務が変わってしまうことに現場の方々が不安や不満を感じられることがあります。そのような現場の方々に対して、システム導入後に新たにどのような仕事が創造されるかという部分も含めてご提案し、関係する方々が納得できるよう配慮しながらプロジェクトを進めること、お客様のビジネス・プロセスをより良いものにしていくという大きな目標を共有することで、関係する方々をまとめていけることが面白いと思っています。

Q:PMとしての仕事の面白さはどんなところでしょうか。

A:いろいろと興味深い点がありますが、特に、私たちがご提供するシステムを、お客様にいかに納得して使っていただくかを追求していくことに特に面白さを感じています。
プロジェクトを進める上で、お客様にシステムを納得して使っていただくことはたいへん重要です。例えば、新しいシステムを導入することで、業務が効率化されて、これまでより少ない人数で同じ仕事を行うことや、今までやってきた業務が変わってしまうことに現場の方々が不安や不満を感じられることがあります。そのような現場の方々に対して、システム導入後に新たにどのような仕事が創造されるかという部分も含めてご提案し、関係する方々が納得できるよう配慮しながらプロジェクトを進めること、お客様のビジネス・プロセスをより良いものにしていくという大きな目標を共有することで、関係する方々をまとめていけることが面白いと思っています。


Q:仕事上で困ったときは、どのように解決されていますか。

A:プロジェクトで問題が発生すると、自分自身で一生懸命調べて解決方法を探る人もいますが、私はすぐに周りの人たちに相談します。IBMには各専門分野において優秀な人たちがたくさんいますので、必ず誰かが良いアイデアを教えてくれたり、同じような問題を経験した人を紹介してくれるので、問題解決への道筋が見えてきます。深みにはまる前に何らかの解決策を見つけるのがPMの大事な仕事の一つです。すぐ人に聞くというのが私のやり方で、それに応えてくれる人がたくさんいるのがIBMという会社です。


Q:家庭と仕事をどのように両立させていますか

A:PMというと長時間労働をイメージされる方も多いかもしれませんが、私は時短勤務でPMを務めています。一般の社員は8時間勤務ですが、私は6時間勤務です。小学生の子供がいますので、学童保育のお迎えの時間に合わせて、早く会社を出て、帰宅後e-work(在宅勤務)の形で仕事を再開する時もあります。遅くまで会社に残って仕事をすることができないので、タイム・マネージメント能力は格段と向上しました。プロジェクト・チームのメンバーの生産性を見極め、お客様にも状況をきちんとご説明し、綿密な計画を立てて、決して徹夜しなければならない事態に陥らないように管理しています。


Q:家庭と仕事の管理には共通点があるということでしょうか。

A: そうですね。一番面白いのはコスト管理ですが、プロジェクトで人員を追加しようとするとき、どのように予算を捻出するかと考えるところは、家庭でお財布の管理をするのと共通する感覚があります。
それからリスク管理にも共通点があります。子どもが熱を出してしまったら、仕事に行けません。そのために、綿密にリスク回避策を考えています。頼れるのは主人、主人の両親、私の両親、友人です。友人の助けを借りた場合には、代わりに週末にその友人の子どもの面倒を見るなどして埋め合わせします。リスク管理に大切な「回避」「軽減」「転嫁」「受容」の視点で対応策を考えておくという姿勢は、プロジェクト・マネジメントにもつながっていると感じています。

Q:家庭と仕事の管理には共通点があるということでしょうか。

A: そうですね。一番面白いのはコスト管理ですが、プロジェクトで人員を追加しようとするとき、どのように予算を捻出するかと考えるところは、家庭でお財布の管理をするのと共通する感覚があります。
それからリスク管理にも共通点があります。子どもが熱を出してしまったら、仕事に行けません。そのために、綿密にリスク回避策を考えています。頼れるのは主人、主人の両親、私の両親、友人です。友人の助けを借りた場合には、代わりに週末にその友人の子どもの面倒を見るなどして埋め合わせします。リスク管理に大切な「回避」「軽減」「転嫁」「受容」の視点で対応策を考えておくという姿勢は、プロジェクト・マネジメントにもつながっていると感じています。


Q:IBMでは多くの女性社員が活躍していますね。

A:私がプロジェクト・リーダーになった時、PMを筆頭にプロジェクトのメンバーが全員女性だったことがありました。各専門分野でそれぞれが能力を発揮し、良い雰囲気でプロジェクトをスムーズに進めることができました。将来、私がPMを務めて、全員女性、もしくは全員子持ちのメンバーのプロジェクト、小さな子どもがいる男性もみんな定時帰宅で進めていける、そんなプロジェクトをやってみたいと思っています。